2013年09月20日

理解したいとか、○○・・したいと言うと。

○○したい・・・。
これは、○○という状態にないことを自分が認めているか、そうであると知っている状態・・・って感じ?

だから、いつまでも○○に到達することはない。

理解したい。
これも前提に「理解していない」ことがあるから、理解したい・・・となるわけで。
屁理屈?

まあ、大体言葉ですべてが説明できると思っていること自体が、おかしい・・・かもしれません。。
矛盾しているんだと思います。
ただ、そうであるとか、
すでに知っているとか、
当然とか、
確信しているとか、
それしかないんじゃないかなと思います。

何で?と聞かれたら、
「え?だってそうなんだもん」って感じで。

いろんなことを人から聞いても、理解できることと、そうでないこと、
また、理解の幅も人それぞれであり、感じ方はみんな違う。
誰一人として同じってことはない。

だから、人それぞれの真実があるって感じがしっくりきます。

そして、自分が「既にそうである」ことしか現実にならない。
「すでに知っている」ことしか知らない。

だからそうなればいいということなんですが、
じゃあどうやったら・・・・ってことも、ない。
ただ、そうだとあっさりと認めてしまう。
それは、知っていることと知らないことは同じみたいな感覚。
どっちも同じじゃん・・・と。
「受け入れる」
だって、自分なんだから。
外側だと思っていたものを受け入れる。
だから反対側も受け入れる・・・となる。

知る必要のあることはその時に知るし、知る必要のないことは知らない。
それは、自分の中にあるものに共鳴しているから・・・とも言え、
自分が単なる鏡でしかない、
他人は私を映し出している鏡でしかないって感じとも言えるかなと。
「自分の中にあるものしか鏡は映し出さない」
=共鳴しない。


自分の中には何があるのか?
たぶん、常識にとらわれていたら、常識にとらわれている人に出会うのだろうし・・・。
では、その時は?
鏡の裏もあることを知ること。
それは、
「常識から抜け出ていない」自分と、
「常識から抜け出ている」自分があるのだと観えたら、その時点でニュートラルになるような気がします。
どっちも間違っていないし、正しくもないし、またおかしいわけじゃない。
理屈が成り立たない。
だって、どっちも同じなんだから。
同じというよりも、
どっちももっている。
裏表は一緒。
裏だけ観ていれば表は観えないから。

表裏一体で存在できる。

そんなことが観えてくると、
いちいち相手に対して感じていたことが、たんなる自分の内側を観ていただけだと気付く。
そうすると、反対側にも何かがあると観えてくるから、
それで終わり。
何にも問題はない・・・と。

内側で解決されたから、もうどちらかに傾くことはない。
いうなれば、空にそのエネルギーは戻ってしまった。
対消滅してしまって、ニュートラルなエネルギーに戻った・・・と。

そのニュートラルなエネルギーの中で、新たに自分が好きなエネルギー(調和した塊)を創り出す。
そして、バランスをとる。
調和って美しいものだなと感じるのは、
ただの中庸ではないからなんだと思います。
中道とか中庸とかではなくて、
両面を持っている。
その美しさ。

ドストエフスキーの言葉だったと思うけれど、
「真の人間は善も悪も持っている」みたいな話があったと思うのですが、
そこを超えたところに「美しさ」を見出していたと思うんですね。

まあ・・・・、脱線しましたが、
「既にそうである」状態、
「既に知っている」状態では、
問=答なんだと思います。

何が起こってもOKだと。
それには、すべてを観ることが必要なんだと思います。
光には闇を。
幸せには不幸を。
善には悪を。
ただ観る。
一緒にあわさってひとつなんだって。

そうなると、自分って動いていない感じがしてきます。
そして、肉体に埋没していない。
自己に傾いていない。
相手と自己で一体。

それを観ている肉体を超えた存在が「本来の私」かも・・・と感じています。
それはどの位置にいるのか・・・。
それは空間?かもしれない。
空間って、相手と自分の間にある。
物と自分の間にある。
相対の中にある。
でもそれを超えて、ニュートラルになると相似になる。
一体とも言えるかも。


たぶん・・・・・理屈としては脱線しています。

女性的・・・かもしれません。
「だって、そうなんだもん」って。
「だって、そう感じるんだもん」って。

分割して観ていない。
塊で観ている。
分離ではなくて、すべてを繋げて観ている。

そんな感じで、「既に知っている」のであれば、周りもだんだんそういう状態として現れてくる気がします。
ただ、自分がそうだと認める、そうだと気付く。
そうだと・・・・、観えてくる・・・って感じが近い感覚かも。

私って球体って感じで。
すべてを包んでいる球体。
外と内が逆転して、外=内になる。

なんだ・・・・、観えて(感じる)いたものは、すべて自分の内側だったんだと気付く。
そして感じていたことは表面だけだったから、その裏側も観る。
立体として観る。
そうすると、二元性は崩壊する。
だって塊で、一体化しているから。
違いって、ただ違うだけで比較できない。

自然にいろんな色があって美しいように、それぞれが調和している。
美しい。
美しいってやはりすごいことだなって思いました。

「美しいと感じるあなたの心が美しい」という誰かの言葉がありましたが、
そうだなと思います。
posted by zone88 at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

再び、「軽さ」について

いろいろなものを抱えている時って、どーーーーんと重い感じがするものですが・・・。
悩みがあるとか、いろいろですが。

で、軽いなって感じる時って、重荷が降りたようなときかもしれませんね。
「解決!」とか。
笑ってるときとか。

でも、その解決って思ったことって一瞬だったりする。
持続しないで、また新たに重荷がのしかかってくる・・・。
この繰り返しなような気がします。

これって、二元性の特徴のような気もします。
だから、逃れられない。
しかし、そこから逃れようとして、ネガティブをむりやりポジティブにしようとして、
仮面をかぶってニコニコしてみたりする。
アファメーションしたり、イメージングしたり。

しかし、
この時点で、既に思考が入っているので、どうしても二元性の世界からは抜け出ていない。
マイナスになったものがプラスにバランスされるのは、物の道理なので、
かならずポジティブはネガティブにバランスされる。

こんな考え自体がもう「重い」感じがします。

だから、
この考え自体を・・・・、「捨てる」。
で、
考えないと・・・、
どっちでもいいじゃん・・・みたいな感じになる。
比較しなきゃいいじゃん・・・・と。
意味づけしなきゃいいじゃん・・・と。
ネガティブ?・・・・それって何?とか。
ポジティブ?・・・・それって英語?とか。
「おばか」になってみる。

何ていうか、それに関わらない。
何ていうか、それをいつまでもひきずらない。
いわゆる「手放す」

「手放す」って・・・・どうやって?

「こういうことが起きた」
「こういう風に感じた」
今までだと、手放すこととそれから逃げることを混同していたように思う。
手放すというよりも、消滅させるとかという表現がいいように思えてきました。

ポジだってネガだってどっちだって同じ・・・と。
それを受け入れる。
受け入れる方向が自分の方向であれば、たぶんそれは消滅する。
変化するとか、変容するとか、そんな感じかもしれない。
外へ手放していたら、たぶん、またやってくる。
手放していない感じだから。
「邪魔だから、どっか行って」みたいな感じになっていたから。

すべてがエネルギーだとしたら、プラスだけ受け取るってことはできない。
かならずマイナスがセットだ。
良いとこ取り・・・・みたいな、今までみたいなことはもう通用しないみたいだ。
物事の展開が速くなっている感じがするし、
どんどん透明性が増してきているから、
外に追いやったバランスされていないエネルギーは、どんどん自分の方向に向かって解決されたいとやってきている感じがする。
もう、すべてを受け入れて、バランスさせて、消滅(昇華)してもらうしかない。

もう「私」というエゴは逃げられない。

感覚だけが頼りかもしれないと思う。
思考(低次の思考)が、エゴそのものだから、
考えたりしたら、堂々巡りだ。

軽さが頼りだ。
軽さという感覚。
感覚を身に着ける。

あるがままを受け入れる。
あるがままに観る。

ごちゃごちゃ考えることに、ろくな事はないから。
※これって実体験です。
posted by zone88 at 18:45| 東京 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

許すということ・・・と、偉そうな感じ

今朝、何気なくテレビを見ていて、感じたことですが。
「すべてを許す」とか「許しましょう」とかってことはよく言われると思います。
そして、それに賛同する人も居る。

でも、それに対して、「偉そう」だと感じる人も居る。
確かに、許す人は許される人を見下している感じにも見えます。
本当にそう思います。
何を偉そうに・・と。

これって、言葉に出して言うと、ひどい誤解を受けますよね。
「あなたを許します」・・・・・って、「あんた、何様だよ」って構図が見えてきそうです。

『奇跡のコース』なんかでも、愛とか許しとかが出てくるし、
とっても宗教的な感じにも捉えられるし・・・。
捉える人次第ですが。
私は、素晴らしいと感じていますが。

何でしょうねえ。
言葉って限界がある感じがしてきました。
「許す」ことと「許される」ことって同じって感じもするので、
どちらが上でも下でもなくて、
それを気づいた人が許されるって感じでしょうか。

どちらにしても、
すべては自分の中で起こっていることであると捉えるのであれば、
「自分の中で起こっている反応を許す」みたいな感じになるんでしょうかね。
相手を許すって、おこがましい感じがとてもしてきました。
外に対してすることではないよな・・・と。

難しいですね。
posted by zone88 at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

輪廻転生、神などの言葉

私の周りには、精神世界系の話をする人は少ない。
一般的に精神世界の話や、信条の話、政治の話はタブーかもしれないけれど。

その中でも、私がここ数年付き合ってきた人は、いわゆる無宗教とか目に見えないものは信じないとか、
理論ですべてが説明がつくと思っている人たちだ。
しかし、その人たちから、「今度生まれ変わってくるときには・・・」とか、
「神様が私を護ってくれた・・・・」などという言葉が出てくることがある。
たぶん、あまり考えてなくて発した言葉だと思いますが。

よく話してみると、
生まれ変わりの話をしている人は、定年退職するまで無宗教で墓参りもしない、そんな人だったらしい。
しかし、定年後、仏教を聞きかじったらしく、「生まれ変わり」の話をし出し、
先日は魂の話まで出てきた。
でも、生まれ変わるらしい・・・、来世ということだ。

もう一人は、仕事上でうまくいったときなどに、「神様っているもんだね」とか、
そんな話が出てくる。
しかし、その人は死んだら「無」になると信じている人だ。

そんなことなので、話が途中で止まってしまうか、その相手の話を聴くだけということになってしまう。
おまけに私は年下なので、一方的に話を聴くだけということになってしまう傾向がある。
ひとりは上司、ひとりは同僚という関係。

退職したおじさんは、「あなたにしかこういう話はできないよ」などと言って、
生まれ変わりの話やら佛になる話やら、いろいろ話をしてくる。
陰謀論とか。
男性的傾向だ。

もうひとりは、女性的だ。
そして、「死んだら無になる」と真剣に思っている人だ。

どちらも教育とか文化とか信念とかそんなものだと思うけれど、
ものすごい信念だなということを感じる。
だから、話をしても、平行線になることが予測できるので、一般的な話になってしまう。

一方、私は、
輪廻はあるけれども、それは時間という観念があっての世界の話で、
すべてが「今ある」と思っている。
だから、ある意味、輪廻を脱するのだと感じている。
神のことは、名称をつけることはできないけれども、生命の、魂の、あらゆるものの根源はあると感じている。
これも、信念かもしれない。
だって、これはある程度知識と思考が入っているからだ。
真にわかっているかといわれれば、「ただそうなのだ」という答えるしかなく、
証明は無理だと思う。
だって、それは、知識や思考や、あらゆる概念や、信念や、そんなものとはまったく関係がなく、
かすってもいないのだから。

人間から人へ。
人から覚者へ。(覚者とは、便宜上の言葉です)
誰もが親から生まれているのもかかわらず、あまりにも違う。
私も教育を受けてきたし、条件的には同じだ。
なのに・・・。

共通なのは、「皆、幸せになりたいと思っている」だと思うけれど。
でも、私は、これも疑問視している。
理由はわからないけれど。

決定的な違いは、「私」に執着していないということかもしれない。
輪廻にしても、「私」が生まれ変わるということで言えば、「私」の延長だ。
「私が幸せになりたい」のであれば、「私」の延長だ。
この「私」(エゴの私)がなくならない限り、闇は消えることがない・・・と私は思う。
だから・・・・、どうすればいいのかと思う。
何が?
皆が幸せになるには、私は、どうしたらいいのか・・・・だ。
この場合の私は、「無私」の私に近い。
それをいつも思っている。
「無私」で生きていくことで、それが波及するのか・・・。
その方法をとろうとして、この日本に、地球に生まれてきた感じがしているから。
ミッションというものがあるとしたら、私にはそれしか浮かばない。
あらゆる方法で人間は進化しようとして、幸せになろうとして、今がある。
そして、何も変わっていないのだと感じている。(本質的に)
変異、ミューテーション、変体、どんな言葉でもいいけれど、
劇的に人が進化するには、どのような方法がいいのか・・・・と、
いろいろ試してきたのだと思う。
最終的には、たぶん・・・・だけれど、「私たちは繋がっているのだと、それに気付いてもらう為に、人の内部から変容をもたらそう」と
思っていろいろな人が転生してきているのだと感じている。

おこがましい・・・・と言われるかもしれない。
でも、皆と一緒にその変容をしていきたい。
どうすればいいのか・・・・・、そればかり思っている。

とりあえず・・・、
いつも笑顔でいようと思う。
いつも光100%でいたいと思う。
いつも「今」を精一杯生きたいと思う。
どんなことにもポジティブでいようと思う。
強い意志を持とうと思う。
叡智を身に着けようと思う。
そして、無条件の愛でいたいと思う。
posted by zone88 at 01:11| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。