2013年01月04日

集合意識

あけましておめでとうございます。

現実の創造ということに関して、いつも不思議に感じることがある。
私はあなた、あなたは私という意識はわかる。
また、人それぞれが自分の世界を創造しているというのもわかる。
私バージョンのあなたという私を見ているということだ。
だから、すべてが私ということになる。
そして、パラレルワールド。
こうなると、無数のバージョンの私の世界と私の宇宙があるということになる。
世界は変わっていない。
私が波動を上げ、または下げ、パラレルワールドに移動しているだけ。
しかし、それらはすべてが幻想だ。
ホログラフィックワールドだ。
自己と他者。
その意識の統合が愛となり、分離は決裂、分裂、下降となる。
他者の意識と私の意識は、どこかで交わることがあるのだろうか。

集合意識、または集合無意識。
この世界は集合意識、集合無意識が上昇しないことには、新たな次元には上昇しないという説がある。
また、他者の思考を受け取ることがあるとも言われる。
特にネガティブ思考、エゴなどだ。だから、私の思考ではないものを受け取るのだと言う。

すべてが私であなた、また、私バージョンの世界ならば、私の意識の上昇だけが鍵になる。
すべてのバージョンの世界があるのならば、破壊された宇宙や、次元上昇と言われる世界もすべてあるということになる。

私だけの意識なのか、それだけなのか。
すべては私次第ということなのか。
しかし、世界は幻想だと言う。
真我、真実の自己の世界では、他者と私の関係はどうなっているのだろうか。

類魂、オーバーソウル、究極には一なるものに帰っていくとしても。

神が神自身を経験している。
多数のバージョンで。
人以外にも、存在するすべてが神だとしたら。
上昇も下降も、どっちでも良くはないだろうか。
あらゆるバージョンを経験したいのならば。

幻想の世界は神は創らなかったという説もある。
幻想だから。
夢でしかない。
エゴの世界。
ルシファーとか。
存在するものはすべて神だから、ルシファーだって神の創造だ。
明けの明星。

進化とは何だろう。
神が神自身を知るとは何だろう。
最後の審判めいたことがあるのだとしたら、何か変だ。
競争めいた意識上昇なんかは、何か変だ。

実験?
三次元というがんじがらめの世界を体験し、肉体を統合した神の出現を試しているのだろうか。
肉体、思考、意識、魂、すべてを統合する。
荒馬を乗りこなすように。
荒馬に蹴落とされることがあるのだろうか。例えばエゴ。
たぶん、無いだろう。
だって幻想なのだから。
そのリアルさを極限まで体験したかったのか。
実験?

価値は皆同じだというならば、意識の上昇も下降も同じだ。
悟りも悟らなくても同じだ。

存在の抹消はあるのか。
いわゆる足切りだ。
言うことをきかない奴は抹消。
神が神自身を抹消?
身体の一部を切り落とす?
新陳代謝?
しかし、すべては循環している。
存在は存在するだけだから。
形を変えて。

言うことをきかない子供は、出て行け?
試験にパスしない子供は落第?
最後に抹消?

何か、よくわからない。

意外に残酷なのか?

神はゲームをしている?
私はゲームをしている?
芝居をしている?
聞き飽きた言葉で、私はあまり好きではない。

自己と他者。
意識の交わりはあるのだろうか。
それとも、どこまでも統合し、上昇する意識なのか。

宇宙は、繰り返しなのだろうか。
私は繰り返しはしないだろうと思う。
常に進化し続けるのだと思いたい。
新たな創造の連続。

人という新たな生命は、新人類として進化し続けるのだろう。
超人。
神人。

世界は意識の現れ。
そのものならば、肉体、物質こそが報われねばならないだろう。

自己と他者。
関わりがなければ、何も生まれない。
一人じゃ寂しい。
楽しくない。
統合された人類と言う意識をもつ、すべてが繋がっているのだという意識をもつ個。
愛が土台になった進化でしか、それは可能じゃないかも。

新年から堂々巡りの話にになりました。

自己と他者。
三次元では天国の実現は不可能なのか。
神に不可能はないはずだと私は思いたい。

・・・と、ここまで書いてきて気付いたが、二元性を統合した人はもはや三次元の存在ではなく、五次元以上の存在であるならば、
三次元での天国はやはり不可能ということになる。
二元性の世界自体が光と闇であるから。
闇が光になった時点でもはや五次元以上ということならば、やはり三次元では楽園はありえない。
だから三次元ではどうしても無理ということになる。

闇に一気に光をあてて、すべて光に統合し、全人類で五次元以上に上昇するしかない。
もしくは、三次元と五次元以上の世界に分かれるしかない。

でも・・・、あなたが私、私があなたならば、最後のひとりが五次元以上に上昇するまで真に楽園はあり得ないことになる?
肉体の進化とは何なのか?
肉体自体は何の意味も持たない。
意識こそが元凶だ。
眠ったままの神意識。
無意識。
顕在意識だけが起きている・・・・・つもり?
やはり、すべてを体験したかったとしか言いようがない。
顕在意識も意識だ。
超意識、無意識、潜在意識、顕在意識、すべてがひとつの意識になるまで旅は続くのだろうか。
体は意識的には動かせない。
勝手に心臓を止めることは出来ない・・・・・と思っている。今のところ、顕在意識では。
顕在意識と潜在意識の統合、そして無意識との統合、そして超意識との統合。
ハイアーセルフと言い方を変えても同じ。
類魂とか。

やはり統合だ。上次元は人口が少なくなるのだろうかと思う。
それは、統合されるから。
ツインソウルとか。
オーバーセルフとか。
三位一体とか。

進化を早めるために三次元まで下降したのか。
肉体の進化、意識の進化?
どこまでも進化。

進化。
自己と他者。


posted by zone88 at 00:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じようなことをツラツラ考えてて
共感したのでカキコしました(>人<;)

アセンション話を、宇宙から自分の肉体レベルに縮小してみます。

身体の細胞一粒一粒が、自身が生きるだけでなく、身体(ワンネス)を形成してることに気がつき

『全体像の存在に気づき、現時点の自分のポジションを理解し、その上で意志を持った時』

細胞の一粒は、臓器という機関になったり、はたまた全体像(私)の意志と統合されるんだろうか、、、。

その時、細胞側も全体側も、共に認知限界を大幅に拡張することが出来る。これがアセンション?

細胞は表層意識を得て
私は潜在意識を得る。

意識と無意識の統合
私が知らない私はなくなる。

こんな感じかなぁ、、、
Posted by まいも at 2013年01月04日 05:25
まいもさんへ

コメントありがとうございます。


>同じようなことをツラツラ考えてて
>共感したのでカキコしました(>人<;)

共感していただけて、嬉しいです。


>アセンション話を、宇宙から自分の肉体レベルに縮小してみます。

>身体の細胞一粒一粒が、自身が生きるだけでなく、身体(ワンネス)を形成してる>ことに気がつき

>『全体像の存在に気づき、現時点の自分のポジションを理解し、その上で意志を持った時』

>細胞の一粒は、臓器という機関になったり、はたまた全体像(私)の意志と統合されるんだろうか、、、。

>その時、細胞側も全体側も、共に認知限界を大幅に拡張することが出来る。これがアセンション?

知覚ということに関して、最近また数冊本を読み返していました。
「シリウス革命」
「奇跡のコース」
「ウイングメーカー」

細胞と身体全体、また宇宙というのは、ミクロとマクロに対応するのが普通の肉眼での知覚ですが、本当はミクロとマクロは反転している。
宇宙はミクロすぎて本当は見えない。
細胞(分子、原子、素粒子・・・光子)がマクロ側である・・・と。

私という存在は光そのものであり、宇宙そのもの(超宇宙かもしれない)であり、私は「いつでも今」「どこでもここ」に存在、遍在している。
しかし・・・、
どこまでも「私」の知覚に過ぎない。
この「私」の知覚する宇宙で自由を得ても、それはまだ「私」の世界・宇宙にすぎない。
「私」が「他者」と交わることによって、他者の世界・宇宙に交わり、それを垣間見、もしかしたら幻想だとしても体験できるかもしれない。
それが善でも悪でも。
他者の存在とは、別の世界、私が知りえない未知の世界なのかもしれない・・・そんな感じにも思えるんです。
幻想の世界で「私はあなた」だとして他者を知覚しても、それは「私」バージョンのあなたでしかない。
どこまでも「私」でしかない。
「私」ではないものを知覚するために・・・・「私」を捨ててもいいと思うかもしれない。
それだけ未知の世界に魅了される。
そんな感じがするんですね。

地球という場はいろいろな「私」が交じり合っているけれども、
「私」が「私というあなた」で遊んでいる人と、
「私」が「他者」と交じり合う世界を経験している人もいるのではないかと感じるんです。
覚醒の後、「正常な知覚」「真実の世界を知覚する眼」を持った後にそれは現れてくるのはないかと。


>細胞は表層意識を得て
>私は潜在意識を得る。

>意識と無意識の統合
>私が知らない私はなくなる。

>こんな感じかなぁ、、、


意識が「私」に統合されても、それを知覚しているのは「私」なので、
どこまでも「私」でしかない。
段階的には、幻想の自己→真実の自己→真実の自己たち(複数・統合)
なんだか飲み込む感じで、増殖・合体みたいな感じですが。
アメーバみたいですが。
でも、エネルギーを得るためではない。
エネルギーを創造してとしている。

だから、「私の意識を変容させる」ことをしようとする。
そんなことをしている気がするんです。

細胞ということでは、細胞は全体の情報をすべてもっている。
DNAですね。
だからホログラフ。
「悟り」で言えば、目隠しするものを付けてしまっているために、
自分を知りえない。
これは全体も細胞もすべてに言えるんじゃないかなあ。

話は尽きないですね。(笑)

sweetdreamより
Posted by sweetdream(管理人) at 2013年01月04日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。