2013年02月24日

目的地、ガイドブック、マップ・・・でも、動いていない。

本やネットで色々な情報を見ているけれど、
ただ見ているだけのことが多いかもしません。
それは、目的地がはっきりしないから・・・という理由があるかもしれません。

旅行に行きたいのだけれど、目的地が定まらず、いろんな旅行先のガイドマップばかり見て、
一向に動こうとしない。

日常の現実では、いろいろなことを体験するけれども、それが何に関連していることなのかが見えない。
先が見えないから、不安になって、何かあるといけないからといろいろ溜め込んで、また動けなくなる。

一番の理由は「目的地」がはっきりしていないからかもしれない。
どこに行こうとしているのか。

目的地を「自分が理想とする世界」としてみる。
それは、どんな世界?
大体は似通っている。
平和で豊かで、歓喜の世界・・・みたいな。
では、具体的には?

それは、動いてみないと観えてこない。
だって、旅行のパンフレット収集ばかりしていて、旅行会社に問い合わせることもしていないから、
イメージが浮かんでこないのだから。
だって、一度も行ったことがない場所だし。

これが、「頭で考えていて、動けていない状態」エネルギーの停滞状態に似ているように思う。

仕事でも同じかもしれないし、日常でも同じかもしれない。

まず、自分が理想としている世界が少しでも浮かんでイメージできていたら、
まずはそれを忘れずに、動いてみる。
そうすると、エネルギーが動きだす。
そうすると、そのエネルギーに乗ることができるから、目的地に一歩近づいたことになる。

シンクロが多くなってくるのは、その「メッセージ」だ。

動けないもうひとつに理由に、「恐怖」があげられる。
でも、旅行に行くのに、旅に出るのに、「あれが起ったらどうしよう」なんて不安なことばかり考えていたら、
一向に旅行には行けない。

大それた、世界一周旅行でなくても、初めは近場の温泉でのいいのだ。
まず、旅行に慣れる。
そして、行き先を増やす。

旅行に行く前に、「不安」を感じないためにはどうしたら良いか。
旅行の経験とか、体験、いわゆる「智慧」が身についていれば、何かがあったって、動じない。
対処できる。
それが「知識」だ。

情報は知識だ。
だから、その知識や人の経験談とか、そのようなものを自分で体験してみたら、「不安」はなくなる。
だから、小さなことから始めてみる。

まあ、どんなことも同じだと思いますが。
こんなこと、誰でも知っていることだし。
勉強するにしても、いきなり専門書を読むことはできないし、第一興味もわかない。
面白くない。
でも入門書だったら、面白い。
だから、入門書から入って、自分で実際に経験してみて、それから知的体力もついてくるから、
専門書も楽しく読めて、興味もわき、体験となり、生きた「智慧」となる。
理想に一歩近づいたことになる。


無謀に、無理矢理に、行動するのでもなく、
でもいつまでも旅行のパンフレットばかりを眺めるのもなく、
まずはある程度知識を得たら、行動してみよう。
動いてみよう。

そうしたら、エネルギーに乗れる。
旅行というレールに乗る感じだ。
そうしたら、もっと新しい景色が見えてくる。
もっと楽しくなる。
途中で、不安になったら、それを経験して克服した人の知識を入手して、不安を解消しよう。
そして、また旅行のエネルギー列車に、エネルギー飛行機に乗る。

そうしたら、目的地にたどり着く。
途中で進路変更になるかもしれないけれど、それもまた楽しい。
行ってから考えればいい。

旅行先は向こうにある。
自分が動かなければ、たどり着かない。

最後に目的地にたどり着いたときには、もしかして、「あれ?ここは私が居た場所だったではないか」なんてこともあるかもしれないあ。
それは、幸福の青い鳥。
幸福を目的地にしていれば・・・だけれど。

いろいろ、目的地はある。

いつまでもガイドブックばかり見ていないで、旅行に出かけよう!
ガイドブック、そのうち古くなるよ!
地図も古くなるよ!

それは、「今ここ」と呼ばれていること。
「今」「一瞬一瞬」、ガイドブックもマップも変化している。
だから、最新のものを手に入れて、旅に出かけよう!

列車に乗ったら、飛行機に乗ったら、あとは、目的地まで連れて行ってくれる。
それが、目的地のエネルギーだ。

もしかして、その列車や飛行機は自分で創ったのかもしれない・・・・って気付くかも。
もしかして、その列車や飛行機は私自身だったかもって気付くかも。
そのエネルギーと一体化していれば、そう感じられる。
でも、列車や飛行機は、「私」が意識しなければ現れない。
だから、そのエネルギーの元になろう。

イメージして、ありありと感じること。
潜在意識開発なんかで言われていることの構造に似ているかもしれないです。

先に自分が笑う。そうしたら鏡の自分は笑い返してくる。
宇宙という鏡はそれを倍増以上にして返してくれる。
共鳴、共振してどんどん拡大する。
(もちろん、マイナスエネルギーも・・・。それが地殻変動とかだったら・・・大変!)
だって、鏡は無数に無限にあるから。
喜びの世界に行きたい、生きたいなら、自分が喜びの元になろう!

創造エネルギーの発信元になろう!
だって、私たちは創造する者だから。
posted by zone88 at 01:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。