2013年06月19日

自分が変わると周りが変わる

自分が変わると周りが変わるという言葉はよく聞きます。
これって、どういうことなんだろうって思いますよね。
でも、文字通りなんだと思います。

例えば、嫌だなあという人が周りにいる場合、
いくら頑張って周りを変えようとしてもダメだったんです。
挙句の果てには、自分まで嫌な存在に成り下がってしまう。(笑)
実は嫌な存在の原因は自分だったんだって気付く。
ゲゲ。

そうして、頑張ってまた今度は自分を変えようします。
でも、どうしても変わらない。
変えよう変えようとして、自分のことばっかり考えているからますます変わらない。
そして、嫌な自分ばかりが見えてきて、
またまた嫌な自分に逆戻り・・・。(泣)

※今は自分が発した思いを責任もって受け入れていたんだとわかりました。

そして、さんざんそんな嫌な面を見せられて、
もう嫌だ、もうどうでもいいってことになっても・・・・、
まだ変わらない。
もうーーー、何で変わらないんだよーと叫ぶ。
でも、変わらない。(笑)

そして、あきらめます。
でも、そこに狙いがあったりして。(笑)
「あきらめたときに願いはかなう」とか、言葉ばかり追いかけて。
だから、希望通りにはならない。
だって、狙いがあったりするから。
バカだなと思う。
本当に私はバカだ・・・と思う。
まあ、文字通りバカなんだと思います。

でも、そんなことをまったく気にしていないとき、
どちらかというと、自分のことを考えていないとき、
周りのことを考えているとき、
そして、ハートとか心を大切にして、皆に接してみようと思ったとき、
そんなときは嫌な人が周りにいても、「私を映し出してくれているんだ」ぐらいに思って、
何と言えばいいのか、そのことが自分の中を通り過ぎていく感じがしてきました。
通り過ぎるというか、風が自分の中を通り抜けるみたいに、
「気にしない」とか「気にならない」とかって言葉になってくる。

そうしたら、
何と、
周りが変わってきました。
人が変わるのではなくて、たぶん、自分が映し出したものが変わったのだと感じます。
自分の中にあった嫌なものが透明になっていく感じで。

嫌だ、嫌だと思っていた人が周りからいなくなっていく。
それは、移動であったり、出向であったり、
その人が自分の好きな道を歩みだしたりして、
私の目の前からいなくなってしまう。
それはそれで、以前は寂しいなと感じていたりしましたが、
今は、「その人が好きな道に進めてとても嬉しい」という感じに変わってきて、
相手の選んだ道、相手にエールをおくるような感じになっていきました。

私が自分で環境を変えるって手もありますが、
その場合は大抵、同じような人の集まったところに行くことになる。
それは実感しています。

でも、自分が動かないで周りが変化していく、
周りの環境が変わっていく、
見えるもの、感じるものが変わっていく、
それって本当に自分では驚きなんです。

以前も一度ありました。
それは私の中で大きな変化があったとき。
浄化の時期というか、大きな気付きがあったときでした。
自分の中で「世界が変わったな」と感じたときでした。
ものすごい勢いで周りが変動していきました。(その時は気付きませんでした)

今もその時期という感じですが、
浄化という側面はあまり強くなく、どちらかというと透明化する感じです。
喜びとか、幸せ感の方が断然多い。
ぽかぽか暖かい感じ。

本当に不思議という感じです。

たぶん、きっかけは、
さんざんいろんな情報を漁って、調べて、セミナーを受けたりした後で、
ウイングメーカーのサイトを訪れて実践したり、Jamesの書いた本を読んだり、
Onenessのメルマガを読んだり、Aiさんの書いた本を読んで、確かめて、実践してみたり、
またいろいろな情報(陰謀系なんかも)を見て、いろんな本を読んで、調べて、自分で試してみたりしてからです。
疑っていたことなんかも、自分で確かめる。
誰かが言ったからとか、評判とか、噂とか、そんなことを基準にしないで、
自分の心を基準にして、
どんなことでも探検してみた。
間違っててもいい、ぶつかってもいい、もがいてもいいから、
そこに進みたいという意志みたいなものがあったんです。

やっぱり心だな、
やっぱりハートだな、
あたたさや優しさ、意志かなと思いました。
頭で理解しようとしても、無理だったんです。(忘れるし・・・、体感してないから、???になる)
騙された―!!!!って思ったり、罠にはまった!!!って思ったり、いろいろ。(笑)

でも、あきらめない。
決してあきらめない。

そんなことをしていたら、
環境やいろんなことが変わってきました。
そして、とても嬉しい。
面白いし。

これから進んでいく道も平坦ではないと思うけれど、
それでもあきらめない。
決してあきらめない。

そんなことを思っているこの頃です。

そして、Pet Shop Boysのニール様(なぜか様付け!)の透き通るような声を聴いて、
心地よいサウンドを聴いて、
ますます自分の心が透き通った気になって、
心地よさを味わって、
生きる活力がわいてきています。

ニール様・・・・。(笑)

本当にニールの声は天性ものなんだと思います。
歌う為に生まれてきたような人です。



Pet Shop Boys - Did you see me coming?
posted by zone88 at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。