2013年08月30日

皆が面白いと思うことに興味がわかないのは・・。

あるきっかけで「コーザル体」のことを調べていました。
これは、思考、特に抽象思考や高次の思考のことを指すようですが、「神智学」を深く学んでいないので、
詳しいことはわかりません。

本(「神智学大要」)もまだ1巻をやっと、ちら見程度にわかった感じなので、
これからもっと理解していきたいと思っています。

ということで、何でコーザル体の話になったかといいますと、
思い当るふしがああったからです。
それは、20代に澁澤龍彦さんの本を読みはじめたあたりからそれは始まりました。
主に美術関連が多かったのですが、それらに触れてから、フランス文学に触れ初め、
フランスの現代思想を知り、構造主義やポストモダンを知り、哲学に傾倒しはじめ、
形而上学とよばれるものに興味を持ち始めました。

それからというもの、友人と話していても、あまり面白い感じがしなくなってきたのです。
それまでも美術系の話などは、あまり一般向けではないので、芸能界の話とかはつまらないなって思っていたのですが、
それに拍車がかかり、一般的なストレス解消的なこと、たとえばカラオケとかアウトドアとか、
井戸端会議的なこととかに、まったく興味を示さなくなりました。

それから、欲望に関してですが、妙に欲望に突き動かされる、いわば欲望が衝動となって
行動することが少なくなっていきました。
だから、「時間を売ってお金を稼ぐ」ことに疑問を持ち始め、嫌気がさしてきました。
いわば、どうでもいい・・・と。

行動の要因は、興味、探究、というように変わり、
友人関係も変わっていったように思います。


ここで、コーザル体ですが、「肉体」の上あたり、ちょうどかぶさる形であるボディが「エーテル」いわゆる「気」のボディといわれるものです。
その上が「アストラル体」、その上に「メンタル(精神)体」があり、その上に「コーザル体(ここから魂の分野)」。
下位にその上位の衝動みたいなエッセンスがある感じです。


神智学大要第1巻にある「図表13人間の構造」によると、



アーディ                                               モナド=父なる神の胸中なる子なる神
  ↑         ↑
アヌパーダカ                                       モナド=父なる神の胸中なる子なる神
  ↑         ↑
アートマー(涅槃)            (霊)                    モナド=父なる神の胸中なる子なる神
  ↑         ↑
ブッディ                  (直観)                   再生する魂(高我)
  ↑         ↑
高位天国  コーザル体       (観念化)
  ↑         ↑
下位天国  メンタル体        (具象思考)         低我=マスク・仮面
  ↑         ↑
アストラル  アストラル体      (個人的感情、衝動)   低我=マスク・仮面
  ↑         ↑
物質     物質体・エーテル体  (肉体による行動)    低我=マスク・仮面


上記のような表になります。
興味のある方は、「神智学大要」をお読み下さい。


この表を見ると、私自身がたどってきた感じがよくわかりました。
大体、個人的感情、衝動、具象思考、観念化のあたりを行ったり来たりしていたんだなとわかります。
一般的な場合は、下位のメンタル層の精神が、その下のアストラル界の欲望と複雑にからんで、
それが衝動となって行動に移っていることがわかります。

そこから抜け出すために、「瞑想」を始めたり、スピリチュアルに走ったり(笑)するんですねえ。
一般的だと、哲学とか心理学など学問系にも行きます。
なので、この段階になると、仮面をかぶったメンタル界層とか、たまに直観がきたり、
観念とか抽象思考とかをしたりするんですね。


私の場合は、思考の限界をとても感じていました。
これ以上は考えられない、調べても、探究してもわからない。
直観だけが頼りってことになってきました。
それと、抽象思考になって、ぐるぐると堂々巡りとか、そんなパターンでした。

そんなことで、今は、クリシュナムルティの「時間の終焉」を読んでいます。
一端、その枠から外れるということをしようと。
それから、「頭」(思考、知識、経験など)に意識を向けないで、ハートとか魂の方に意識を向けるようにして、
考えないようにしています。
あるパターンから抜け出るには、また、囲い(自分で創っている)から抜け出るには、
思考を使ってしまってはダメだと感じたからです。

そんなことをしていると、何と、「子供」みたいになっていくんですね。
子供のような純粋なもので動いている感じというか、動機ってものがない感じなんですね。
あるとすれば、良心とか、そんなものです。

ハイアーセルフとか潜在意識と一体化するとか、繋がるとかって、
頭とか知識からではダメなんですね。
やはり、実感するものなんだと思うわけです。

今は、どういう状態かと言うと、
低我の部分が上がって、高我の部分が出来るだけ下がってきている感じ(一時的)なんですね。
お互いの協力が必要な感じで。
たぶん、合体(笑)するのは、コーザル体あたりからなんでしょうか。
もしくは上位メンタル体あたりかも。

これが、スピ系で言う次元の構造ってものかもしれませんね。
三次元というのは、肉体次元ってよく言われますし。
五次元ってどのあたりなんでしょうね?

体感で言うと、上記のピラミッド構造とあわせて、円というか、同心円を描く感じにもなると感じています。
どんどん拡大していく感じですね。
意識の拡大って、こんな感じを言うのだと思います。

というわけで、言葉とか思考とか知識とかは、もはや通じなくなる地点がやってくるのは確かだと思います。
でも、それを体感して、わかりやすく言葉にしていくってことも、誰かの役にたつことかもしれないと思っているので、
今、こうして文字にしている訳です。

クリシュナムルティによれば、思考とか説明とか、そんなことをした時点で、
そのパターンに(囲いの中)に戻ってしまう・・・ということでした。
だから説明は無理かもしれませんね。
実感するのは、本人でしかなく、誰も替わってあげられない。


世界中の人の意識が拡大したら、世界ってものすごく、劇的に変わるんだろうと思います。
私もその世界のひとりであり、ひとりひとりで世界は出来ている。
水の波紋が広がるように、その一滴となるように、生きていきたいと思います。


posted by zone88 at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373410800
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。