2013年11月23日

体感ということ、共感覚ということ。

物事を知るには、体験するのが一番だと思いますが、
これは誰でも感じていることだと思います。

絵に描いた餅とか、
百聞は一見にしかずとか、
いろいろことわざもありますしね。

体験に似ているのが、疑似体験かもしれませんね。
イメージで追体験するとか。
同じイメージ、感覚を共有するとか。

共感覚などもあります。

最近、共感覚ってものに興味をもっています。

隠れた感覚ですか。
wikiで調べると説明が出ていますが、文字に色とか音とか、味とか、形などを感じたりという特殊な感覚のことを言うらしいです。
感覚的な言葉とか表現ですよね。

よくサイキックの人が写真からいろいろな情報を読み取ったりしますが、あれは共感覚のもっと進んだ特殊なものなんでしょうね。
五感以外の第六感とか、直感とか、通常では感じられないような感覚で感じられると、
世界はもっと違ったものに見えるでしょうね。

また、世界が突然光り輝いて見えたりする人がいます。
また万物すべてに自分を感じたり、
無重力のように重力を感じなくなるなんて体験も聞きます。

この体験がしたいっていうわけではなく、何かの結果としてそういう現象が現れてくるって感じかもしれません。
バロメーターにしたいわけでもありませんが。

究極、「超能力者になりたい」などというものと同じ現象になってしまうので、
気をつけなければならないかもしれません。


共感覚になると、通常では気が付けない感覚を感じられるので、
それが面白いなとか、そんな感じで常軌を逸しない程度で活用できたらいいなと思っています。

何で共感覚の話題になったかというと、
「エネルギーを感じていることを自覚したい」ということがあるからかもしれません。
五感や六感や直感や感覚的なことで、もっと幅を広げたいのかもしれません。
表現の幅を拡げるとか。

豊かな表現力ですか。
このあたり、もっと探求したいと思います。
もちろん、意識なんかも深く関連していると思いますから。




posted by zone88 at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380981057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。