2013年12月17日

無明

いきなりですが、これまで背負ってきたものが無くなった感じがしています。

背負ってきたものというのは、内なる闇みたいなものだったのかなと感じています。

大体、精神世界に興味を持つ時点で、自分の内に向かうことになるので、
外にも内にもいろいろなものがあるのだと観えてくるわけです。
一番大きなものは、恐怖。
本当は恐怖は幻想なのに、それに怯えている小さなエゴを観るわけです。

私の順序としては、

1 神はいるのか?
2 救世主は誰なのか?救世主はいるのか?
3 神とは何か?
4 内なる神とは?
5 陰謀とは何か?
6 闇とは何か?
7 自分とは何者なのか?
8 他者と自己
9 エゴとは?
10 無明とは?

既成宗教→無宗教→精神世界→陰謀系→内観→自立

こんな構図です。

団体に関わり、個人になり、また団体に関わり、そして自己に戻る。

二元性を統合すること、二元性を超えることがどれだけ大変なことか・・・・。
このブログはこの「二元性を超えたい」ということから始まっているとも言えます。
必ず通らなければならない「二元性」。
それが三次元であり、これまでの地球であったから。
最大の難関。
闇の底に行くしかなかったのだけれども、それは自分が選んだことだ。
だって、闇を照らす光となると決めてきたのだから。
一端闇になったとしても、必ず
光に戻ると決めていたのだから。
(太極図のように)
もっとも遠くまで旅すること。


陰謀系とエゴ、そして内なる闇は同じものだったと気付くと、「無明」ということに気付く。
無明とは、「闇とは光があたっていないもの、ところ」というのが、言葉や知識ではなく、
己で経験する。

闇を排除することなどできない。
エゴを排除することもできない。
ただ受け入れ、認め、抱きしめ、感じること。
そして、光をあてる。

これは、団体に属してできるものではなく、
自分ひとりで黙々と行うものだ。
あくまでも自己の内と向かい合って、外に現れていると思われる投影を観る。
充分に、これでもかとこれでもかと思われるほどに繰り返して現れるエゴや闇に向き合う。
そして、充分に受け入れ、体験し、過ぎ去るのを観る。
観照する。
自己を観照し、内観し、外観し、観る。
観ることが光をあてること。
そして、受け入れる。
自己の内にあったのだとわかる。
すべて自己の内で感じるもの。

それは日常であり、人生すべて。
光であること。
松明を灯して歩くように、人生をただただ灯りを照らして歩む。
誰も気が付かないかもしれない。
誰にも観えないかもしれない。
しかし、光となって歩く。
人生を歩んでいく。

闇であったと思えたものは、無い。
光りをあてれば、そこは明るく照らされて、すべてが観えてくる。
観えてくる。
真実の姿が観えてくる。

闇は幻想であった。

もう恐れるものはない。
光りとなって、灯りを灯して歩むだけだ。

これからもいろんな闇に出会うだろう。
しかし、もう恐れない。
「物事は見た目どおりではない」

体感すること。
光として歩むという体感、感覚をつかむこと。

頭脳は、心や魂に従う。
細胞もDNAも心や魂に従う。
魂は、ハイアーセルフなんて言われるものと同じ感覚だ。
内なる神とも。

これまでは、頭と心がバラバラで、エゴとハートが喧嘩して、主導権争いをしていた。
分裂症みたいに。
しかし、スーッと、エゴや頭脳や細胞たちはDNAは、ハートや魂に従い始めた。
重い体を引きずることも、もうないだろう。
もう一体化しているから。
体はスーっとついてくる。
体は頭脳は、細胞は、快く共に歩んでくれる。
もう考えることもない。

ただハートとともに、魂と共に、それにしたがって歩むだけだ。

何と清々しいのだろう。
生まれて初めてだ。
こんなに清々しい気持ちになったのは。

これからだって、いろんなことが起ってくるのだろう。
しかし、もう大丈夫だ。
生きていることが、存在していることがすべてだ。

魂の故郷に戻りたいと思っていたけれど、
今はその故郷をここに創ろうと思っている。
今、こここそが故郷であり、思い出すことでもあり、
帰還でもあり、再創造でもある。

どこまでもどこまでもこの自分で。
他者と自己が一体であると大それたことはまだ言えない。
だって、体感していないのだから。
皆と地球とあらゆるものとのつながり、親しい感じや絆を感じることはあっても、
一体化している感覚はまだつかめていない。
誠実でありたいと思う。

闇は幻想だ。
私はそう感じている。
posted by zone88 at 00:57| 東京 ☀| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりあなたはとても速い。

輝きの強さに、私ごときは萎縮するばかりでした。
あなたからはたくさんのものを『面授』していただきました。

あなたはとても速い。


僭越ながら、一曲。

水樹奈々”蒼き光の果て”
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月01日 23:33
”アオ”は

「アイ」より出でて

「アイ」より

蒼し。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月01日 23:36
にゃんにゃー (*^ω^*)
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月01日 23:39
もう、自分の力(業)から目を逸らしたりはしないんだ。

リインフォースUちゃんのデバイスは、
名前を”蒼天の書”と言います。


どんな過去であれ、
それがあるからこそ、今がある。

過去は否定するべきものではなく、
土壌とすべきもの。


未来の和睦は、
過去の争いが生み出す。

未来の争いは、
過去の和睦が生み出す。


出来ることは、
ただ今を生きること。

それしか出来ないし、
それであれば、誰にでも出来る。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 07:53
こちらの曲は純粋に”青”という感じですね。

水樹奈々"POP MASTER"
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 07:57
碧(へき)という字は、

「あお」とも読み、
「みどり」とも読みます。

まどか役の悠木碧さんのお名前は、
「あおい」さんと読みます。


こっちの曲は”碧”という感じでしょうか。

水樹奈々"ETERNAL BLAZE"
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 08:12
「今生」という言葉があります。
意味は
 「この世に生きている間。この世。現世」


これだと
”生きていること自体”ではなく、
「生きている間の諸々の事」を含み過ぎるような気がするので、

書き方を逆にして、”生今”。



取りあえず、”易行生今”としておく。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 08:20
何やら、ものすごーく嫌な予感がする・・・

私の単なる勘違い

私が自意識過剰すぎるだけ

なのかもしれませんが。


ただ、符号する点が多すぎることに気付き、
自分でビックリしたので、
もしかしたら招いてしまっている誤解を回避する為に、
一応書いておきます。

私の思い過ごしであれば、
それに越したことはないんですが。

一応、念の為。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 21:24



ある意味、アナタはもう、
私の視界の中にはありません。

ご安心ください。


Posted by 緑川慎平 at 2014年01月05日 21:26
・自分の見ているもの
・自分が感じているもの
・自分が知っていること

これらは全て、

自分の心の意味付けの結果

自分自身の影

に過ぎないことに気付き、理解することを、

三年前から私は個人的に”憑き物落とし”と
呼んでいます。


そして、この”憑き物落とし”は、

自分の拘り(執着)を
捨てる(手放す)という行為です。


自分自身を救う唯一の方法は、
この”憑き物落とし”なのだと思う。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 06:42
私の周りには、
『魔導士ランク 総合SS』クラスの方が
たくさんいらっしゃる(^^;


プレッシャー、半端ない(´・ω・`)
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 06:50
ビンゴかな?

それが

アナタの「思考パターン」
アナタの「認識パターン」

の決定的な癖です。


アナタは、
”憑き物”=”自分自身(アナタ自身)”
に囚われています。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:10
ある意味、アナタはもう、
私の視界の中にはありません。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:11
なぜなら、

私はもう、「ソコ」には居ないからです。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:12
つまり、

アナタが見ている「ソレ」は、
私ではありません。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:14
だから、

アナタはいつも見誤るんです。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:14
”アナタが言うことは

 常に

 アナタ自身のこと”
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:17
二千五百年ほど前、
今のインドに、
ボロ布を纏い、枝切れを杖にして
村から村へと歩き続ける人がいました。

その人は、
35歳から80歳で死ぬまで、
生涯を人々に語り掛けることに捧げました。


その人は、
”憑き物”=”自分自身”に囚われ、
苦しみながら生きる人々の苦しみを、
少しでも和らげるために、人々のもとへと
自ら歩いてゆきました。


その人はきっと、
どこにも辿り着かないことを知りつつも、
それでも、
”何処か”を目指したのではないか・・・

いつも、そう想像します。


その人の名を
ゴータマ・シッダールタ
と言います。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月06日 21:26
私には、
「偽シャーマンを打ち倒す!」
という考えはありません。

『偽シャーマン』という存在は、
人の世には必要な存在だからです。

『偽シャーマン』にすがらなければ生きられない人が存在するからです。

『偽シャーマン』として他人を喰いものにしなければ生きられない人が存在するからです。


『偽シャーマン』や
『偽シャーマン』にすがる人が存在するのが、
人の世の正常な姿です。

「本物のシャーマン」や
「本物のシャーマン」に導かれる人々と、
『偽シャーマン』や
『偽シャーマン』に付け込まれる人々の双方が存在するから、

そこに自然と「適応と淘汰」が起こり、
その結果として人類(社会)は
変化(進化)します。

『偽シャーマン』や
『偽シャーマン』にすがる人々の存在しない社会とは、
全ての人が画一化された、不自然で死んだ状態です。


「本物のシャーマン」も
「本物のシャーマン」に導かれ人々も、

『偽シャーマン』も
『偽シャーマン』にすがる人々も、

どれもが人の自然な姿です。
どれもが人の正しい営みです。

そこに 違いは ありません。
何も 違いません。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:40
善悪のふたつ、総じてもって存じせざるなり


無差別救済と無差別殺人は、
きわどい関係にあります。


『二河白道』
「全てを捨てる」も、
それはそれで一つの欲望(拘り)の対象。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:47
私は、
出来ることならば、

『偽シャーマン』として生きる人の苦しみを
和らげたい

と思う。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:49
ちなみに、
『偽シャーマン』を非難する人がいたら、

その「偽シャーマンを非難する人」こそ、
偽シャーマンです。


だから、私もきっと『偽シャーマン』です
(^^)


取り入られないように、
お気を付けください。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:51
”士”という字は、

  人を表す「にんべん」を携えると、
  ”仕える”となる。

  「心」を下に置くと、
  ”志”となる。



  しかし・・・
  「一つ事」を上に据えると、
  ”王”となる。
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:54
ただただ
自戒を込めて
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月07日 20:55
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s Original Soundtrack

"A.C.S."
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月08日 08:13
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s Original Soundtrack

"Spiritual Garden〜Instrumental&Strings MIX〜"
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月08日 08:16
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s Original Soundtrack

”未来へのきざはし”
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月08日 08:18
STAND BY READY
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月08日 08:21
お分かりのことと思いますが、
ご覧の通り、
私の能力は恐ろしいほどに
狭いところに特化したものです。
決して万能型ではありません。


『どこまでもどこまでもこの自分で』

計り知れない”光”に照らされた思いです。


トドにゃん
ありがとう

水樹奈々"BRIGHT STREAM"
Posted by 緑川慎平 at 2014年01月08日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。