2010年07月21日

英会話・・・・しかし、他の言語よりはまし。

英会話・・・・先程、愚痴った。
しかし、他国に言語に比べたら、はるかに理解している。
当たり前ですよね、こんだけ学生時代に習って、こんだけ英語圏の音楽聞いているわけだから。


それを感じたのは、フランス語講座を見ているときとか、他の言語を聞いているときなんかに感じるんですよね。
アラビア語なんかになると、アルファべットじゃあないから、まるでわからない。
まあハングル文字は、まるでわかんないし。


ということで、英語はまだ理解できる・・・ということです。
スピード・ラーニングで聞いた会話なんかは、憶えてるわけだし。

ただし、日常的に使えるかっていうと、無理なわけです。
頭で考えて変換するから。

疲れるわけです。
勉強になると、だめだしね。


けど、他の言語よりは、はるかに、ほんとに、はるかにわかるから、英語はいいです、やっぱり。

Arctic Monkeysの曲くらいは、覚えて、歌えるようにしたい。
出来れば、コンサートに行って、話している内容を全部理解したい。
こんなとこですね。
別に、流暢に離せなくてもOKなわけです。

愚痴・・・・・撤回。(笑)
posted by zone88 at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピード・ラーニング 退会した。

スピード・ラーニングですが、退会した。
一年くらいになりますか、続けてから。
でも、効果ありませんでした。
聞き流しってものは。

話せるように・・・・・なるわけないでしょ。

やはり、「英語を話さないと」だめなわけで、また、必要性がないとだめなわけです。

あたりまえのことですが。



しかし、語学って、習うもんじゃないですね。
日本語をどうやって覚えたか・・・・・ですよ。


石川遼君のように、海外に行って、外国人と会話して、そして、スピード・ラーニングを利用する。


何でも・・・・ですが、最低の人に合わせたほうがいいと思いますね。

語学も、
自己啓発も、
成功哲学も、
潜在意識も、
勉強も、
習い事も、


うまくできちゃった人は、うまくできない人の参考にはならないです。
見本にも、お手本にもならないです。


しかし・・・・・・、英語って、ますます苦手になる。

もう。


愚痴です。


posted by zone88 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

英語・・・上達した感じはなし。

スピードラーニングを始めて、もう半年以上経ちますが、その結果どうだったか。
聞き取りが少しできるくらいで、実際に会話していないので、とっさに話しかけられたらたぶん答えられません。

テレビなんかも英語だけで聞いてみても、「意味がわかった」なんていう実感はなし。
でも、変化を感じるのは以前よりも聞き取りができてきたことですね。
スピードどかも以前よりはゆっくりというか、はっきり聞こえるようになってきた感じがします。
でも、単語の意味がわかんないし、何を言っているのかを理解することは出来ません。

1年続けて、本当に効果が出るんでしょうかね。

たぶん、積極的に話さないと言語って上達しないです。
当たり前のはなし。
だからっていきなり海外に行くってのも・・・・。

私の場合は目的はあるんですが、あまり積極的ってわけでもないから、「駄目もと」で続けている感じです。

しかし、最近飽きてきた。
スピードラーニング。
だって、同じ内容を何回も何回も聞くんだもの。
いい加減飽きるよ。
こんなの、日常にはありえない。

あとは、興味のある海外ドラマを見ることですかね、やはり。
ゴーストって海外ドラマがありますが、あれは面白いなって思ったので、あれでチャレンジしてみようかなと思う。

習うより、慣れろ。
これにつきる。

ラベル:英語
posted by zone88 at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

最近、少しは英語に慣れてきたかも・・・。

英会話は英語の周波数に慣れることから始めなくてはどうにもならない。

そんなことを実感しています。
だから、毎日、コツコツと英会話の音声を聞いています。
そう、スピードラーニング。

まだ、スピードラーニング以外の英会話はあまり聞き取れないから、まだまだだなって思う。
でも、最近は、口に出して会話をしています。
そう、音声をまねして、わからなくてもテキトーに。(笑)

周波数に慣れてきたら、もっと聞き取りも会話も上達するんだろうな。

そういえば、彼の声はとっても低い。
よく、映画に出てくるような欧米人の声。
だから、きっと周波数が高いんだろうな。

なんていうか、日本人の周波数とはまったく違うらしいから、ほんとうに聞き取れない。
それに、英語でもイギリスとアメリカだと周波数が違うらしい。
イギリス英語の方が周波数が高い。

私は、イギリス英語の方がはっきり聞こえる。
どうしてもアメリカ英語って発音が独特っていうか、そんな感じがするから。


それから、きのうもブログに書きましたがシータ波を活用して英語を覚えようかなって思ってる。
集中力とか記憶力とか、そんなことにもいいらしいから。
本当は別の目的があったんだけど、何故か英語を話さなければならない環境になってきたから、これは周波数の関係かなって思えてきた。

私がやりたかったことの「点」のひとつ。
語学とか、コミュニケーションとかではなく、たぶん、周波数なのだ。
私の興味は。

意識での会話とか、インスピレーションとか、それと、時空も関係している。
何故って、脳波がシータ波になると、時間が短縮されるらしいですから。
感覚ですよ。
そこいらへんのことを考えているから、どんどん周波数関係が寄ってくるのかもしれない。

じゃあ、彼は?
周波数だったら、関係ないじゃん。

それはまた別かな。

ま、今は周波数に興味があるので、そのことに集中する。


そうだ、文章を書くのも好きだけど、でも、何を書いたらいいのかわからない。
だから、日記とか、ブログとか、カテゴリ別でっていうのが私にとっては便利だ。

それで、どうする。
でも、文章にすると、頭のなかがすっきりする。
それと、頭の中が見える。
それと、整理できるし、過去の自分も見えて楽しい。


英会話も日本語も、基本は慣れですよね。
他の国の言語の周波数も調べてみたい。
何で日本語は周波数が低いのか・・・・だ。

それから日本って、漢字、ひらがな、カタカナ、外来語とかいろいろ混ざっているから、これも不思議。
文物も言語もなにもかも混在している。
もしかして、血統も?
もしかして、DNAも?
もしかして・・・・。

とにかく、何かありそう。

倍音「ピグミー」の音とかも気になります。
聞くと、心地いいです。
なんでしょうね、あの心地よさは。

とにかく、英語をネイティブなみに話せるようになることが当面の目標です。

さあ、また聞きましょう。
スピードラーニング。
posted by zone88 at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

スピード・ラーニング8巻が届いた。

スピード・ラーニングで英会話を学び始めてから、半年・・・・経過・・・・・。

宣伝のように「三ヶ月で英語が飛び出す」みたいなことはありませんでしたが、英語を聞き取る耳とか、耳が慣れてきたとか、会話を聞き取れるようになってきたとかがあります。

はじめは、聞き取れなかったのが、だんだん聞き取りが出来てくる。
スピードがゆっくりと感じられるっていいますか。
やはり、耳で慣れることが言語の第一段階ですからね。

最近は、会話を少しずつ口に出して話すようにしている。
でも、まだまだですね。

毎月ニュースレターが付いて来るんですが、今回のニュースには「パーティー」のことが書かれていました。
欧米人はパーティー好きっていわれる。
招待した人がまた友達を連れてきて・・・・・みたいな感じで、人が増える現象があるようです。
日本ではパーティーっていうと、仰々しい感じに考えますが、欧米のパーティは様々らしいです。

日本でいう、飲み会とかもパーティーって呼ぶ。
だから、新年会、忘年会、なんたら会って、みんなパーティ。

私も、欧米のパーティって映画とかでみても、何か面倒くさいなって思っていたんですが、
まあ、飲み会の延長って考えたら、ものすごく楽になりました。
だから、ふだんどうりの格好でOKらしいし。

でも、様々あるから、ちゃんとドレスとかを着ていくパーティがあるのは日本でも同じだと思う。


それと、ニュースレターで、会話を口にするってあたりのことで質問があって、
ある人が・・・、こんな質問をしていました。

Q: 英会話を口にする場合、ぬいぐるみとかを相手にしゃべるっていうのもいいのでしょうか?

・・・みたいな質問。(笑)
かわいい。

でも、私もときどきしてます。
ぬいぐるみに英話で話しかける。(笑)

返事なし。
当たり前。

でも、そんな感じで気軽に口にする。
みんな、やってるんじゃん。(笑)
ま、何でもいいと思う。
自分が話してるのが、自分の耳から聞こえるってことだけでも新鮮だし。

それと、緊張ってあたりでもなんか書かれてましたね。

「ただでさえ、青い目で、鼻が高くて、髪の色が違う人を前にして話をするってだけで緊張しますから、それで英語で会話するとなると緊張しない方がおかしい・・・」
「だから、リラックスを心がけて下さい」
「度胸と・・・・・なんとか・・・」

こんなことが書かれていました。

そうか、外見が違うと緊張するんだ。

私は、あまり緊張しないほうなので、平気ですが、言葉が話せないっていうのは緊張の原因になりますね。
外見が違うことでの緊張ってあまりないですね。

でも、テレビとかで外見の違う人と話をして、緊張しまくりの人なんかが出てるから・・・・・ね。

面白いかも。


そう、、、、、私は緊張しないという性質をもっています。
どんなところに行っても、どんな人に会っても、
「同じ地球なんだから」・・・・・・とか、
「同じ人間じゃん」・・・・とか、
わけのわからない理由により、緊張しません。

日本で外国人に英語で話しかけられると、日本語で答えたりします。
「日本だから、日本語で話したら」・・・・とか、
「何とか通じるだろう」とか、
これもまた、勝手な理由により、緊張しないで日本語で話します。

わかんなかったら、絵でも描けば・・・・ぐらいの勢いですね。

だから、英語・・・・・上達しないわけです。(笑)

でも、彼とは英語で話をしたいから、頑張ろうっと。
でも、無理はしません。
もともと英語圏の人ではないんだから、わからなくて当たり前ってことを相手にわかってもらう努力をする。(笑)
・・・・・・変なところで努力するねえ。

先日は、
「犬とか猫だって、言葉が通じないのに人と暮らしてるじゃん」
「だったら、言葉が通じなくてもだいじょうぶだ・・・・彼と一緒に暮らせるかも・・・・」とか、
そんな変なことを考えていた。

私はペットか・・・?(笑)
近いかも。


そんなこんなで、ほぼ毎日聞いています。
聞き流してます。
スピードラーニング。

一年たったら、何とかなってるだろうって楽観してます。
それか、彼に捨てられるか・・・・・(笑)。
これも楽観してます。

そうそう、先日は彼にいじわるして、日本語でのメッセージカードを贈ったしね。
そうしたら、何と、日本語「ありがとう」のメッセージカードが返信されてきた。

そうそう、日本語に慣れてね!!!という洗脳。
というか、日本人と付き合うんだったら、「ありがとう」とか「こんにちは」ぐらいは憶えてくれよって感じですから、私は。
だから、平気で日本語で贈る。


でも、頑張ってまーーース。
英会話。
posted by zone88 at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

言葉が通じないと友達になれないのか?

英会話ですが、たぶん、少しは上達したと思う。
しかし、会話をしていないから、とっても速度が遅い。
彼とは、夏以来、話をしていないから、会話はたぶん、だめだ。
メールは大丈夫になってきました。
だって、簡単な英語しか使わないし。

言葉が通じなければ友達になれないのか・・・・・って、昨日、散歩しながら考えてました。

シマリスが好きな私は、チップとデールが好きだ。
うーーん、チップとデールが好きだから、シマリスが好きなのかもしれない。
ま、どっちでもいいが。

マイケルジャクソンつながりで、「ベン」って映画を見た。
ねずみのベンと男の子は友達だった。
リアルな友達。

男の子は病弱で友達がいなかった。
だから、ベンは唯一の友達だった。

でも、映画ですからね。

それで、考えたんですね。
言葉が通じない動物だって友達になれるんだから、言葉が通じなくても人間同士だったら友達にはなれるでしょって。
私は彼と動物以下の関係か・・・・。

でもね、誤解とかが生まれる可能性が・・・あるかも。

だから、まったく言葉が話せない方がいいのかも。

でも、それだと赤ん坊と同じになってしまう。

だから、結局は、言葉を覚えなきゃってことになりますねえ。


そんなことを考えたのも、彼は本当に私のことを理解しているんだろうかということを疑問に思ったわけだからです。
ま、逆もありですが。
私も彼のことを本当に理解しているのかってことです。

言葉って都合のいいようにしか受け取らないから、全て聴いて知っているなんてことはありえないことだ。
情報だって少なくてもいいのかもしれない。
だから言葉を超えた部分をどのくらい感じられて、どのくらい理解できるかだ。
勘違いだって、いい勘違いだったら、その方がいいかもしれないしね。

言葉は通じなくても、友達にはなれると思います。
それ以上はどうだろうか?

あーーあ、意識と意識で会話できたらいいな。
恋愛関係の場合は、インスピレーションが働くから、かなりカバーできているんですが、この恋愛関係がなくなった場合、どうなるのかな?
たぶん、相手を理解しようという気が少なくなるから、意志は通じなくなるだろう。
言葉が通じても、たぶん、理解しあえない。


恋愛って、どこまで壁を越えられるんだろう?

言葉は超えられますかね?
ラベル:言葉 友達
posted by zone88 at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

スピード・ラーニング 第6巻が届く

スピード・ラーニングの第6巻が届きました。
もう、4ヶ月ですね、いや、5ヶ月ですか、スピード・ラーニングを始めてから。

映画のベンを観ていて気付いたのですが、聞き取りがかなりできるようになってきました。
それに、表現なんかもだいぶわかるようになってきました。
これって、毎日聞き続けている効果ですね。

聞き流すって、かなり効果があるようです。
周波数に慣れるために聞き流しているんですが、本当ですね。
聞き取りができなければ、会話はできないから。

英語から日本語の間に「ポーン」って音声が流れるんですが、これって意味があるようですね。
日本語で大意を理解できたら、もう日本語入りのは聞いていません。

もう内容は理解できているので、もう聞くだけです。

そうして、きっと会話に繋がっていくんですね。
まだ、話すってことは少ないいのですが、ときどき口に出して繰り返しています。
子供と同じ。

発音って本当にまったく違う。
もちろん、カタカナ英語なんてまったく通じないっていうのはよくわかります。
発音自体がまったく違う。
これは真似するしか方法はない。

耳で聞いて、繰り返す。
この繰り返し。

来年が楽しみです。
どれくらい上達するかな?

ひとりで旅行にいけるかな?
それも、チケットだけとって。
ホテルなんかも自分でとって。

どこに行こうかな?
やはり、アメリカかな、はじめは。

なんてことを考えてます。


第6巻は、「friendship」
マイクがガールフレンドをみつけて、デートに誘って、プロポーズするまで。
面白い。
こんな感じで学校の英会話も出来上がってればいいのに。

でも、中学生だとだめかな。


暗記ってまったくだめですね。
意味がわかんないし、目的がはっきりしない。
それに、つまんない。
それに、疲れる。
言葉って感情を伝える方法だから、感情が伴っていないとだめなんだって、「ベン」を見て思いました。
だって、最後の子供の感動シーンなんて、暗記なんて考えていたら、興冷めしてしまう。

レターに書いていたんですが、アメリカの人は、恋人募集するにもいろいろ方法があるらしいですが、好みをはっきり書くらしいですね。

例えば、
自分は◎才で、◎◎人、身長は◎◎フィート、高収入、キリスト教、
相手に望むのは、◎才から◎才、離婚歴があってもいけれど、子供はいない方がいい、ノースモーキング、定職に就いている人、身長は◎〜◎フィート・・・・・とか。
はっきりしてますね。

そして、かなり慎重らしいです。


そう、何で英語を習おうかって思ったかなんですが、英語圏のワークショップを英語で聞けるようにしたいからだったんですが、そのワークショップにもだんだん興味を失いつつあるので、なんか目的がなくなってしまったせいか、やる気がそがれてます。

でも、映画なんかも英語で観ることができれば、もっと楽しいはずだし。
そうそう、日本映画についている英語字幕を見ると、笑える。
そんな感じで、映画の日本語字幕も変な感じにあんっているんだろうなって思いました。

だいたい、英語で話していることを全て日本語で書くとなると、すごいことになりそうですからね。
だから、日本語字幕を通さないで見ると、意味も違ってくるんだろうなと思うんですね。

ということで、只今、第6巻を「聞き流して」います。
posted by zone88 at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

スピードラーニング 100日間達成おめでとう

スピードラーニングの第5巻めが届いた。
1、2巻はまとめて届いたので、第4巻で100日ということですか。
でも、始めたのが6月だから、もうとっくに100日過ぎていると思うんですが・・・・。

とにかく、チラシが入っていました。

フェーズ1
100日聞き流し達成、おめでとうございます。
これからフェーズ2「英語を口に出す段階」にステップアップ!

こんなフレーズのチラシでした。

確かに。

聞き流しだけでした。(笑)
でも、この期間でだいぶ耳がなれた気がします。
今、第5巻を聞いていますが、英語もだいぶ聞き取れています。

慣れですね、やはり。

これからは真似て発音してみます。
間違っても、意味がわからなくても。

あせらないで、ゆっくりと、少しずつって感じですかね。

これまでの100日間は  フェーズ1 「英語耳の基礎づくり」
次の100間日は  フェーズ2 「英語を話すための口ならし」
その次の100日間は  フェーズ3 「英語をより正確に聞き取るトレーニング」
そして、次の100日間は  フェーズ4 「英語で自然に語る」

おおおおおーーーっ、一年以上かかりますね。
今年の6月からだから、来年の夏ですか、少し話せる程度になるのは。
いや、来年の夏には自然に英語で話せているようにしたいです。

そして、彼と普通に話せるようになりたい。
ロンドンにも遊びに行きたい。


当面は、そんなとこですね。

楽しみです。


そうそう、勘違いしやすい I am coming と、 I am going

彼が、i am planning to come to Japan ......って言っていたのを、何でかなって思っていたんです。
何で、goじゃないのかなって。

それは、位地関係にあるのだとわかりました。

朝食のときにキッチンから母親が子供を呼んだとき、子供は I am comingという。
これは、母親が自分の側にいるわけではなく、キッチンにいる。
呼んでいる人の方へ自分が行く場合にはcomeを使うから、I am comingになる。

それから、母親が子供の部屋まで「ごはんよ」って言いにきたら、I am goingになるというわけです。

だから、彼の場合は私と離れているから、i am planning to come to Japan となるわけですね。
なーるほど。

little by littleですね。

posted by zone88 at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

文法について

英会話を学び始めて、ほぼ五ヶ月経とうとしています。
スピードラーニングが主ですが、毎日というわけではなく、まあ聞き流しています。
途中、いろいろ脱線したり、他の教材を試してみたりしていますが。。。

苫米地さんの「英語は逆から学べ」では英語脳を作るってことが言われていますが、全てを英語づけにするのに環境からいっても無理ですね。
第一、家中を英語にするなんて無理ですし。

それで、文法について少し考えました。
言葉の組み立て方法ですね。
学校では習いますね。
これが弊害になっているとも言われていますが。

日本語覚えるのに、文法なんて考えたこともないですね。
だから、文法って考えることないって私は思います。
でも、日本語で考えて組み立てているうちは考えますね。


日本語は「主語・目的語・動詞」
英語は「主語・動詞・目的語」
でも、ヘブライ語は「動詞・主語・目的語」ですって。

国が違えば、言葉の組み立て方も違ってきますね。

脳の機能も違ってくるはずですね。


大体、組み立て方に対して「何で?」って思うかなあ?
たぶん、慣れなんだろうと思いますね。

私の名前は◎◎です。
My name is ◎◎.

これって、日本語にそのまま変換したら、
私の 名前 です ◎◎
になりますね。

こんなこと、いちいち考える?

考えないです。


赤ん坊が言葉を覚えるように言葉を覚える・・・・。
これがいいのだと思っています。
実際に物に触れて、その物の名前を覚える。
そのまま憶える。

こんな会話習得方法としていいなと思ったのは、Rosetta Stoneでしたね。
まだ、お試ししかしていないけど、体感で言葉の使い方を憶える。
それに、一切日本語を使っていないし。

スピードラーニングもまだ五ヶ月ですが、口をついて英語が出て来るってことはないですね。
これだけ日本語使ってるんだし。
第一、必要性ってものがない。
それから、耳だけで覚えるってのが弊害だと思います。
イメージするって大変なことだし。

その点、Rosetta Stoneはイメージも使っているので、目で直感で判断します。
判断するんです。自分で。
何で、これなのかを考える。
何でこの語を使うのか考える。

苫米地さんの本に添付されていたCDも聞きました。
絵を見て、特別にサラウンド機能かなんかある音声を聴くのですが、憶えませんね。
だって、判断機能がないんだもの。
その点、Rosetta Stoneの教材は自分から声を出したり、選んだり、そういう行動機能がついているから、理解もできます。
何で、これなのかって。
それで理解して憶える。

私の中ではRosetta Stoneが今のところ一位ですね。
ただ、ブロードバンドでもソフトが立ち上がらなかったり、固まってしまったりするので、そこのところが解決されれば、もっといいし、豊富に会話とかが揃っていたら、もっといいかなと思っています。

 


やはり五感を使って言語って覚えるから。
五感ですね。

ヘレンケラーではないけれど、水にさわって、「水」を体で覚えるみたいな。
で、自分なりに理解してそれを表現していく。
まるごと憶えていく・・・・・ですか。
今、こうして日本語を入力していたって、文法なんか考えていないし、第一、こんな文には文法あてはまってないかもしれないし、それに間違っているかもしれない。

でも、平気で会話している。
第一、人なんて全部会話を聞いているわけではないし、理解も自分の都合のいいようにとっているだけだから、気にする必要ないと思う。


でも、感じるのは日本語っていろいろ省いても通じてしまうってことなんです。
英語に変換するときって、いちいち主語をいれなければいけない。
面倒くさい。
特に、機械翻訳するときなんか、主語をいれなければ、誰の言葉かわからなくなる。
やはり、機械は機械です。
まんま訳す・・・・・・だけ。

人間の脳ってすごいなって感じるわけです。
間違った並びでも、間違った単語でも、その人の言わんとしていることを理解するわけですから。
何機能っていうの?そういうの。


という訳で、スピードラーニングで単語とか、会話の幅とか増やしながら、別の教材もどんどん試してみたいと思っているこの頃です。
posted by zone88 at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

英会話、英語の上達にはやっぱり外国人の恋人

英会話とか、英語の上達って歳をとってくると難しい・・・と思う。
とくに、今まで間違った覚え方してきたから、特に。

でも、アメリカ人の彼が出来て、メールで会話したり、電話で話したりすると、やっぱりもっと理解したいと思うから、相手の話していることを聴くようになる。
それに感情が伴っているから、たぶん覚えが早い。

だいぶ聞き取りができるようになったり、単語を覚えたり、生きた会話とか、文章なんかも、彼のメールとか話で憶えた。

だから、恋人が出来ると上達が早いわけです。

感情が伴うから。

言葉って、意志を伝える方法だから、感情が伴っていないものって憶えないよね。
まるでロボットみたいになってしまう。

文法なんかも、本当は正解ってないそうですね。
これが正しいとか。
だから、間違っていても平気。

彼なんか、単語のスペルなんか間違えてるし。
センテンスでも省いてるところ沢山あるし。

でも、通じる。


私が、電話で、
「私は英語を話せないし・・・・」って言ったときに。

「英語、話してるじゃない。わたしはあなたの言うことしっかり理解しているよ」って。

そう、たどたどしい英語でも、通じるんです。
そして、少しずつ憶えていく。

Little by littleです。

あ、これって、oasisのノエルの歌う曲にあるんです。
それで憶えました。
だから、彼がそういったときにわかりました、すぐに。

だから、そのうち、話せるようになると思っています。
まあ、ひどい英語だろうけど。


でも、ひとついやなことがあるんです。

私の勤務先に中国人の人がいて、普段はいいんですが、機嫌悪いときに言い方を間違えられるととっても腹がたつんです。
相手は気がついていなくても、その言い方にムカってくるんですね。
感情を傷つけることを平気で言う。

だから、そういうことがあったら嫌だなって思う。
だから、そういうことがないようにしたいなって。

人って機嫌が悪いときには、どんなことにも腹がたつことってあるし。
そんなときに、変な言葉を言われたりすると、マジにむかつくんですね。

ああ、意識で会話が出来たらいいなと思う。


そうそう、そういう人がいました。
不思議な人が。

それはまた別の機会にでも。

ラベル:英会話 英語 恋人
posted by zone88 at 00:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。